このエントリーをはてなブックマークに追加
 『旬ネタ』      ブログ
成田昭次

男闘呼組の色褪せない名曲の紹介 成田昭次の復帰でファン歓喜

なんだかまだ公にはなっていないが、『男闘呼組』の元メンバー『成田昭次さん』の復活の公表にSNSなどでは、盛り上がっている。、2020年11月3日に音楽活動を再開する事を発表しているため、今か今かと待ちに待っている根強いファンもいるのではないだろうか?

だが…それで良いのだろうか?グループ名『男闘呼組』の名前は、その次代では、知らない人がいないぐらい有名だった。 今年晴れて『成田昭次さん』がソロ・デビューを再開しようとしているが、昔の根強いファンの方なら心配ないが…

新たに新規のファンの方のために『男闘呼組』のぜひ聞いてほしい名曲と、どのくらい有名だったのかをここに書いていこうと思う。

成田昭次さんファン歓喜の報告

まず最初にめでたい発表から、男闘呼組元メンバーの『成田昭次さん』2020年11月3日にソロ活動を再開することが決まりました。これは、ファンにとってはもうたまらないですよね。ですが、今までどんな苦難が成田さんにあったのかを知りたい方は是非コチラを御覧ください。

『男闘呼組』の名曲(シングル)

まずどんなグループだったのか?と言うと結成時には4人だったが、メンバーの入れ替わりもあり時には3人での活動もあったが、最終的には元の4人での活動になる。 音楽ジャンルは(ロックバンドだ。) 所属はジャニーズで珍しく(音楽活動)を中心としたグループだった。(舞台経験も一応アリ)。 

元メンバーなど、知りたい方はコチラから知ることが出来ます。

まず初めに1988年に発売された。

デビューシングル『DAYBREAK』

この作品は、8月24日と31日の2週に渡り、カップリング曲とジャケットの異なるバージョン4種を、2種類ずつ発売となった。 

ソース画像を表示

売上は、69,3万枚を売り上げた。やはりジャニーズ、デビュー曲から良い売上げです。

2枚目のシングル 『秋』

ソース画像を表示

1988年12月27日に発売。・・・真冬に発売されましたがタイトルは『秋』もう何か『ロック』ですね~センスを感じます。(笑)

3枚目のシングル 『TIME ZONE』

ソース画像を表示

1989年2月28日に発売。ジャニーズとしては珍しく、シングルで唯一のタイアップ付き作品です。 

4枚目のシングル 『CROSS TO YOU/ROCKIN’ MY SOUL』

ソース画像を表示

1989年8月2日に発売される。 相変わらずペースが早いですね。もう人気だった証拠でしょう。

5つ目のシングル 『DON’T SLEEP』

ソース画像を表示

1990年1月24日に発売される。

6つ目のシングル 『ANGEL』

ソース画像を表示

1991年1月17日に発売。

7つ目のシングル 『眠りにつく前に』

ソース画像を表示

1992年6月3日に発売。

8つ目のシングル 『THURSDAY MORNING』

ソース画像を表示

1992年7月1日に発売される。

9つ目のシングル 『THE FRONT』

ソース画像を表示

1992年8月5日に発売された。

10個目のシングル 『TOKYOプラスティック少年』

ソース画像を表示

1993年8月21日に発売。

男闘呼組は10枚しかシングルが発売されていなかったので、全てのシングルを『タイトル・発売日』を紹介しました。

デビューシングル『DAYBREAK』二枚目のシングル『』三枚目のシングル『TIME ZONE』がトップ3を独占していたのでそこはさすが(ジャニーズ)だなぁと思いました。

まとめ

男闘呼組の名曲の只の紹介でした。 もう再結成はされないと思いますが、男闘呼組の元メンバーの『成田昭次さん』が11月3日にソロ活動を再開させるのでファンもう歓喜、『またメンバーの歌が聞けるのでファンは喜んでいるみたいです。』

こんなにも愛されている成田さん、これからのデビューを楽しみに後もう少しだけ待っていましょう。

ソース画像を表示
RELATED POST
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。