このエントリーをはてなブックマークに追加
 『旬ネタ』      ブログ
初心者 格ゲー豆知識

格ゲーでオンライン行くのなら『マナー守ろう』格ゲーで嫌われる行為

格闘ゲームにはさも当然のようにいくつものマナーが存在しています。
ハメ、待ち、死体殴り(死体蹴り)、挑発、挑発行為、切断、舐めプ(舐めたプレイ)順番に見ていきましょう。 

中には知らずしらずやってしまっている行為もあるかも知れません。 オンラインで相手が見えなくても『マナー』を守って楽しいプレイをしよう。((o(´∀`)o))ワクワク

格ゲー ハメとは?

今では、ハメ技とかも、簡単には、出来ないのかな?それともできなくなっているとか?『調整で』 ハメ技とは、一定パターンの攻撃を繰り返し、対戦相手の身動きを奪う事ですね。

確かに極めれば強いのですが、対抗手段が全く用意されていないゲームで乱用すると、 基本的に相手に嫌われます…やめましょう。 まぁ、最近は、ハメができなくなっている場合がありますので、被害に合った方は少ないんじゃないかな? 僕は昔中学の時合いました。(笑)苦い経験です。

ソース画像を表示

格ゲー 待ちや待ち逃げ

では、待ちとは? 守り主体の戦闘スタイルのこと。自分から積極的に攻めていかず、スキの少ない技やガードで相手の動きを伺い、相手の隙や迂闊な攻めに狙いを定めてダメージを取っていく戦い方ですが正々堂々戦いたい方には、イライラするのでできるだけ、やめたほうが良いです。

待ち逃げは、待ちの応用です。(笑)自分が有利な状況なら無理に行動せずタイムアップまで粘ります。・・・ウザいですね。 

ソース画像を表示

格ゲー 死体殴り(蹴り)

文字通り、対戦相手に勝ったのに対し攻撃を続け、負けたキャラを画面が切り替わるまで(殴る蹴る)などの行為をすることですね。最近は、減って来ていますが、DOAシリーズや鉄拳シリーズは未だに殴れます。まぁ、緩和されましたが、まだ画面が切り替わるまで、死体蹴りが出来ますので故意にやるのは避けましょう。 酷いと切られますよ。『回線』…

ソース画像を表示

格ゲー 挑発、挑発行為

相手を挑発するポーズを取るだけのキャラクター動作。特定の入力によって発生するが、通常このポーズには攻撃能力はない。

ゲームによっては相手のゲージを減らす等の特殊効果がついている場合もあるが『スト5豪鬼』は挑発行為は攻撃判定がある。

ソース画像を表示

格ゲー 切断 

切断とは…通信切断のことです。 相手の方が上手くって全然勝てずに、腹いせに対戦中にネット回線を無理やり切ることです。非常にこれは、やってはいけない行為ですので、今まで普通に繋がっていたのにいきなり回線が途切れるので、相手はすぐに勘付きます。

【コイツ切やがった!!って】なって確実に嫌われます。 根に持つタイプだと、アカウントを知られていたらもう自分と対戦できないようにBANされます。 どちらも得なんてしないので、強すぎて負けると思ったら、回線切るくらいなら、適当にやって負けを認めましょう。

ソース画像を表示

格ゲー 舐めプ【舐めたプレイ】

まぁ、言葉で分かるかと思いますが、対戦相手を見下す行為です。一戦目は普通に対戦してたのに二戦目は相手が全く動かなくなったなんて経験ありませんか? 相手の心理は【うっわコイツ弱ぇ~仕方ない引き伸ばしのため、または、可哀想だから一本やるか!!俺優し~】って余裕ぶっこいてると思います。 まぁ、逆に狩られることもありますが…いずれにしても余り良い行為ではありませんよね。 やめましょう。

ソース画像を表示

まとめ

以上が格ゲーオンライン対戦で、もしかしたら、嫌われてしまう行為!!でした。 まぁ自分のほうが強いと最初は優越感に浸りたいよね?でも考えてみてください、今、一本取った相手は今までの、『自分』あの日全く勝てなかった自分なんです。 と思うとなんか、馬鹿になんて出来ないですよね~ね?

ソース画像を表示
RELATED POST
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。